Top > おぼえたこと > バリアブル印刷編

文字を分割する(Excel編1)

バリアブル印刷を行う際、例えば8桁の数字を前4桁と、後ろ4桁に分割したい場合などがある。
色々な方法が考えられるが、実際にどのような方法があるだろうか?
データベースの形式や、量によって方法は違ってくる。

●EXcelで文字を分割する場合

Excelサンプル

図のようなEXcelがあり、これをセルB、セルCに4文字ずつ数字を分けるとします。
数量はシート1枚程度であり、EXcelのファイルも極僅かな数であるならば、EXcelの関数を使って、分割するのが最も簡単であろう。

文字列操作

LEFT関数

B1のセルをクリックし、関数ペーストのメニューをクリックする。
もしくは、メニューバーの「挿入」から「関数...」を選択する。
上図のようなパネルが表示されるので、左側リストより「文字列操作」をクリックし、右側リストから「LEFT」をクリックして、OKボタンを押す。

LEFT関数式

文字列には、セルA1を選択する。
文字数には、文字列先頭から何文字分必要なのかその数字を入力する。
ここでは、4文字ずつに分けるので、4と入力し、OKボタンを押す。
必要な情報を入力した時点で、結果がプレビューされるので、確認すると良いでしょう。

RIGHT関数

次に、C1のセルをクリックし、関数ペーストを開く。
ここでは残りの4文字を入力する為、右から数えて4文字を拾い出せるよう、RIGHT関数を選択する。

RIGHT関数式

LEFT関数同様、文字列と文字数を入力し、OKボタンを押す。

分割結果

結果がこれですが、2行目以降は、B1、C1のセルを選択し、下方にドラッグして計算式をコピーした状態です。

 

ページのTopに戻る