Top > おぼえたこと > バリアブル印刷編

文字を分割する(ファイルメーカー編)

CSVデータや大量のファイルがある場合には、ファイルメーカーを利用するのも良いでしょう。

●ファイルメーカーで文字を分割する場合

ファイルメーカーの場合、結果を入れるフィードを作成し、そこに計算式を使い結果を入れて行く。
フィールドさえできてしまえば、全てのレコードに対し自動で結果を入れてくれる。

フィルード設定

ファイルメーカーLeft関数

シリアルNoというフィールドに8桁の数字が入っているとして、前4桁の文字列を取り出すのに「前4桁」という計算フィールドを作成し、Excel同様にLeft関数を利用して文字列を抽出する。

ファイルメーカーRight関数

残り4文字も同様に計算フィールドを作成し、Right関数で文字を抽出する。

ファイルメーカーフィールド定義

出来上がったのが上図のようなフィールド定義だ。

ファイルメーカー結果

レイアウトでフィールドを表示すれば、このような結果が得られます。
ファイルメーカーの場合もあまり数が多いと、時間が掛かりますが、EXcelのようにセルをドラッグしなくても全て計算してくれます。
また、元のファイルが分かれている場合でも、データのインポート機能を使う事で、すばやく結果が得られます。

ページのTopに戻る