Top > おぼえたこと > DTP編

プリプレス側のCMS

はじめに

CMS(カラーマネジメントシステム)の必要性は、みなさん理解されています。
しかし、それらは机上の理想論であって、実際のカラーマネジメントは不可能であると思っている人も多く存在するはずです。また、どのように何を管理すれば良いのかが分からないと言う人も多く居るはずでしょう。

ここで、あえて“プリプレス側のCMS“と題して話しを進めて行ったのは、まずは話しを簡略化する為にプレス側を切り離しました。
机上の理想論と言われる人の中には、プレス側の不確定性をその理由に上げる人がいます。
決して、カラーマネジメントがプリプレス側だけで完結する物ではない事は承知していますし、そういった事も踏まえて、デジタルデータ化が進み、数値を基に話しが出来るプリプレスに的を絞りました。

CMSといっても、特別な事をするのではなく、皆さんが使っているDTPアプリケーションならびにOS環境では、既に必要最低限のCMS環境が揃っています。
その中でも最新のAdobe製品やOS XでのDTPでは、CMSをする事を基準としてワークフローが流れています。

つまり、好むと好まざるとに拘らず、これからのDTPでは必須項目になる訳です。
CMSの怖い所は、カラーマネジメントされたデータを、知らぬ間に顧客の思う物と違う物を作ってしまう可能性がある事です。その事を少し説明して行きます。

概略

簡単にカラーマネジメントの概略を説明すると、モニタ上の色と、校正の色と、最終印刷の色を管理して行こうと言う事なのですが、モニタはRGBで、印刷はCMYKが基準になります。校正は、平台校正も有りますが、不安定要素が多く、同じ物を繰り返し印刷しても同じように上がらないと言う理由で、最近ではDDCPを利用する事が増えて来ているようです。DDCPにもインクジェットやトナー式の物を利用する事が増え、こちらも安定性の悪いケミカル現像方式のDDCPは敬遠されて来ています。

これらの出力物を全て同じ色になるようにとするのですが、ここで問題になるのが、どの色が最も相応しいかと言う事になります。つまりどれに合わせれば良いんだと言う事です。

本来なら、最終商品が印刷物である以上、印刷物を基準にする事が良いのでしょうが、印刷物は印刷会社によってまちまちですし、常に一定の物を得る事は難しい事でもあります。

例えば、自分の会社の印刷部門は、常に同じ物を上げられるだけの技術が有ると言えたとしても、ではその基準値をどのようにして、データを制作する所迄広める事が出来るでしょうか。

特に当社のように制作部門を持たず、不特定多数とも言えるデータ入稿がある会社では、当社の基準と言う物は独りよがりの基準でしかあり得ません。
今まさに求められている基準とは、業界標準の基準値であり、誰もが持ち合える基準値である訳です。

Adobe製本には、標準でJapan Color 2001やJMPAなどの標準値データが付属しています。
これらの標準値を利用する事で、制作サイドは自らのモニタで最終印刷物の仕上り具合を確認する事が出来、色校正の繰り返しを行う事無く、作業を進める事が出来るようになります。

アプリケーションの設定

●InDesign CS
InDesign CS

●Illustrator CS
Illustrator CS

●Photoshop CS
Photoshop CS

●Acrobat 6.0
Acrobat 6.0

 

各Adobe製品にはカラーマネジメントを行う為のカラー設定があります。
ご覧の通り、全てのソフトで同じ設定を共有する事が出来、ソフト間のカラーマネジメントを統一する事が出来ます。
逆に言うと、この設定がバラバラだと同じ写真でも違う色に見えてしまう可能性があります。

Adobe CS2にはAdobe Bridgeというアプリケーションが付属し、Bridge Centerで全てのAdobe CS2製品のカラー環境を同期させる事が出来るようになりました。

オフセット印刷用・輪転印刷用・Webデザイン用など行う作業によって、カラー環境を一括で変更できる優れものです。

Adobe Bridge
●Adobe BridgeCenterのカラーマネジメント設定

カラーマネジメントによる色の変化

では、カラーマネジメントの設定が変わるとどのような変化が起きるのでしょうか。
実験をしてみました。

CMYKカラーチャート
●CMYKカラーチャート

RGBカラーチャート
●RGBカラーチャート

図のようなパッチをIllustrator CSで作成しました。

Digital Color Mater
上図はCMYKモードで作成したもので、RGB及び、Labの値はMac OS Xに付属するDigitalColor Meterを使って、
画面上での数値を表記しています。

以上のデータを下図のカラー設定で各々作成し、保存時にiccプロファイルを付属した物と、しない物を作成し、合計8種類のデータを作りました。

カラー設定JAPAN COLOR
●JAPAN COLOR

カラー設定Photoshop 4
●Photoshop 4

このIllustratorファイルをInDesign CS上に貼り込むのですが、InDesign側のカラー設定も、Japan Colorと、Photoshop4での各設定で作成しました。

Japan Color

 

Photoshop4

結果

下の画像は、実際にDDCP(スタープルーフ)に出力した物をスキャナーで取込んだ物です。同条件で取込んだ物なので、モニタ上の見え方は実物と違うかもしれませんが、左右で色身が違う事は確認できると思います。

Japan Color

RGBで作成された物の色の変化が大きいですが、ある意味これはどのような色になっても、モニタの色は再現できませんし、「近い」「近くない」と言った曖昧な表現でしか有りません。
注目すべき点は、Japan Colorのカラー設定で、Photoshop 4のカラー設定で作成されたCMYKパッチの色の変化です。
下図右段の2列目PS4CMYK+iccのブロックのC100の変化に注目。
実際に1bit Tiffでもシアン版が80%強程度の網点になっている。

Photoshop4

所見

InDesign上で、Illustratorの貼り込み作業を行った際、InDesignのカラー設定がどのようになっていても、Illustratorファイルのカラー設定がどのような設定であっても注意を促すダイアログは出てきません。
(Photoshopデータでも同様)
貼り込む際に、InDesign側のカラー設定で変換されて取込まれてしまう。
つまり、実験の結果、思わぬICCプロファイルが付属したデータではCMYKであっても色が変わると言う事です。
これは十分に注意が必要な事なので、理解しておきましょう。

基本的にCMYKについては、色変換を行うようなカラーマネジメントを行う事は、トラブルの原因となります。

ちなみに、InDesignのカラーマネジメントを“オフ”にすると、ICCプロファイルが含まれていようが、いまいが、関係なくCMYK値通りに出力されます

カラーマネジメント

InDesignのカラーマネジメント設定で、“日本-Japan Color”を選択後、カラーマネジメントポリシーのCMYKだけをオフにする事で、CMYK→CMYK変換は行われない。
また、RGBはJapan Color 2001 Coated適正にCMYKに変換される。

分版出力

InDesignの機能で、分版機能やアミ%表示をする事ができます。メニューのウィンドウ→出力プレビュー→分版(もしくはShift+F6)で、分版パレットが表示されます。
出力時のアミ%を表示する事が出来ます。

ページのTopに戻る